【必見】コラーゲンドリンクを飲み始める年齢はいつから?

コラーゲンドリンクはドラッグストアなどで気軽に買えますが、年齢的に飲むのは早いのではないかと買うのを止めた経験を持つ人は多いでしょう。

「何歳から飲めばいいの?」「20代でも飲んでいいの?」

といった疑問をお持ちの方に、コラーゲンドリンクを飲み始める年齢はいつからなのか紹介していきます。

コラーゲンが減少するとどうなるのかチェック!

まずは体内のコラーゲンが減少するとどうなってしまうのか、見ていきましょう。

「最近肌にハリがない」「関節が痛い」などの悩みは年齢を重ねるごとに出てきますが、実はそれコラーゲンの減少が原因なのです。

年齢を重ねるごとに体の代謝は衰えていきコラーゲンも減少。

50代になると20代のときより約半分もコラーゲンは減少すると言われています。

コラーゲンが減少すると肌がたるみシワが増えたり、肌の乾燥、骨密度の低下、関節の痛みなど体の様々な部分に影響が出てくるのです。

何歳から飲む?コラーゲンドリンクを飲み始めるべき年齢を紹介

コラーゲンが減り始める年齢は人それぞれ違いますが、大体20歳から25歳だと言われています。

なので、コラーゲンドリンクはコラーゲンが減り始める「20歳から25歳」に飲むといいでしょう。

コラーゲンドリンクを飲むことでコラーゲンを合成する「繊維芽細胞」の活性を出助けすることができ、結果的に体内のコラーゲンが充実していきます。

そうすると加齢による肌トラブルや体の不調を解消することができるのです。

各メーカーから様々なコラーゲンドリンクが販売されていますが、「低分子コラーゲン」を配合した商品がおすすめ。

コラーゲンは高分子タンパク質なので、そのままだと体に吸収されにくく効果を発揮できません。

低分子コラーゲンとはこの高分子タンパク質を小さくしたもの。

コラーゲンを低分子化することで、通常よりも体への吸収が早くなり吸収もアップするとされています。

コラーゲンサプリとコラーゲンドリンクはどちらがおすすめ?

コラーゲン配合のサプリタイプを飲んでいる方は多いですが、ドリンクタイプほうがおすすめです。

コラーゲンサプリも年齢を重ねるごとに減るコラーゲンを充実させることができ、肌や体を若々しく保つといった効果はコラーゲンドリンクと変わりません。

けどコラーゲンドリンクには続けやすいといったメリットがあります。

最近のコラーゲンドリンクは美味しいものが多く、コラーゲン独特のニオイを感じずに飲むことができるのです。

美味しいと飲むのが楽しくなり続けることができますよね。

サプリだとニオイが気になる、粒が大きくて飲み込みづらいといったデメリットがあります。

飲むのが辛いと感じたら続けることが難しくなってしまい、効果を感じることができませんよ。

低分子コラーゲン配合!資生堂のコラーゲンドリンクを紹介

資生堂のコラーゲンドリンク「リラクル」には、体に吸収されやすい低分子コラーゲンが配合されています。

またコラーゲンの脂肪など不必要なものを取り除いた高純度コラーゲンなので、より体に吸収しやすいのです。

ノンカフェイン・脂質0・低カロリー・保存料無添加で体にやさしく、妊娠中や授乳中でも飲むことができますよ。

美容特許成分のコケモモとアムラ果実も配合されており、コラーゲンと合わさることで高い美容効果を生み出します。

ネット通販のワタシプラスでは資生堂のコラーゲンドリンクを気軽に試せる「お試しセット」を販売中。

10本セットなので約10日間試すことができます。

通常価格2,700円(税込)ですが、お一人様1回限りのクーポンを利用すれば1,700円(税込)で買えちゃうのです。

資生堂のコラーゲンドリンクを飲んで年齢肌を若返らせてくださいね♪